広島市中区の観光名所

広島市中区にとうかさん圓隆寺という観光名所があります。正式名称は福昌山 慈善院 圓隆寺です。

八丁堀駅から南へ5分ほど歩けば到着できます。

1619年に浅野長晟によって建立され、國前寺十七世慈善院日音上人が迎えられて開山されました。この日音上人によってとうか大明神が勧請されました。

この寺には、子守り地蔵があります。この地蔵は原爆投下によって亡くなった子供たちを供養するためのものです。

毎年6月には、広島三大祭りの一つであるとうかさん大祭が行われます。

同じく中区にはひろしま美術館があります。

紙屋町東で下車し、300メートルほど歩けば到着できます。

開館時間は9時から17時までで、入館できるのは16時30分までです。年末年始を除いて毎日開館しています。

フランス近代美術と日本近代美術が収蔵されており、本館にはフランス近代美術が常に90点ほど展示されています。

ミュージアムショップでは収蔵作品がモチーフのグッズが売られています。